おそば屋さんが勧める絶品のお蕎麦屋さん

2010年8月18日 (水)

おそばやさんが勧める絶品のお蕎麦屋さん。番外編

 今回の夏休み。なんと

15年ぶりにひとりです!!

友人と遊びに行こうか、実家に帰ろうか

色々考えましたが

老後?のことを考えひとりで過ごすことにしました。

  

 午前中は家の掃除と、本屋でマンガ立ち読み。

夕方、ず~っと気になっていたお店

浦和のロンドンパブアーロンへ

        ↓

http://www.amatias.com/asp/insyoku.asp?r_code=R0001606

  

ビール好きの私としてはグラスが大きくて

量的には大満足でした。

フィッシュアンドチップスも美味しい。

 

女性ひとりでも気軽に行けます。

仕事が終ってから、愛知家エプロンで行けそうです。

このお店最近飲食店業界で二重丸。

このご時世本当にめずらしい事ですが

納得!

ぜひ、一度行ってみてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

愛知家は今日までお休みをいただきます。

外は猛暑。お休みでよかった~。

今日お仕事のみなさま

ムリしないでくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月30日 (火)

おそばやさんが勧める絶品のお蕎麦屋さん。番外編

おはようございます。

愛知家は一週間の始まりです。

今週もよろしくお願い致します。

  

 昨日は家族でお墓参りの後

新橋で大ブレーク4店舗のお店が連日満員という

「魚銀」が池袋初出店。と、いう事で早速行ってきました。

 http://r.gnavi.co.jp/g376507/ 

 

 表むきは私の誕生日祝い。という事らしいですが

お店選びは私。場所のチエック、メニューセレクトは

当然全部私です。

 

 うちのだんなさんは、相変わらず座って飲んでいるだけです。

別にいいんですけど!

  

 月曜日というのに、2時間制。

早めに入ったから良かったものの

5時半にはもう満員。

  

 こんなお店もあるのね。

 

 注文したのは刺身の6点盛り。

(実際は12点盛り)¥1980

大食い家族はもちろん完食!

この後のかきあげもすごいボリュームでしたが

写真撮るまもなく胃袋へ消えて行きました。

  

 うちのだんなさんは、大好きな日本酒たらふく飲んで

上機嫌。(誰のお祝いだ)

当然会計も私だ!

  

 リーマンご用達なのでファミリーでいく場合は

開店直後の5時ごろがお勧めです。

  

 カウンターに座っていたひとり客の男性

刺身3点盛りで、ひとりごはんビールで至福の時を過ごして

いらっしゃいました。

  

 魚好き、お酒好きにはたまらないお店ですね。

  

  

 

 本日は愛知家午後から貸切になります。

  

 南浦和中学校女子バスケット部の皆様

お待ちしております。

  

 恒例愛知家「富くじ」1等賞のシャネルのネイルは

どなたに当たるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月19日 (木)

池之端藪

たぶん20数年前に一度行った事があります。

その時は、忍ばずの池の側の緑が多いところ。

 と、いうイメージがあったのですが

 飲食店、と、言っても飲み屋さんの雑踏とした中に

 なんとも言えない、たたずまいで名門藪の3店のひとつ

 は、ありました。

 2時半で休憩に入ってしまうというので

 ちょっと急いで行ったのですが

 入ったのは1時半過ぎ。

 店内ほぼ満席。

 奥で中年の男女が宴会の真っ最中。

  

 やられた~。

 エビスの黒。しかも小瓶。初めて見ました。

 これはビール党の黒ビール好きにはたまりません。

 こんな名門店にあたり前ですが

 センス負けた。

これは、お蕎麦もかなり期待したいところです。

この日は寒かったので

注文したのは、かけそば。

運ばれて来た時は、鰹の香が漂い

見た感じ、かなり薄めです。

「やぶ」と、いうと濃い、辛い、。と、いうイメージがありますが

時代背景でしょうか、かなり薄めの感じです。

細めの蕎麦に、出汁の風味が効いて美味しい。

 温かいお蕎麦にはめずらしくわさびが、付いています。

珍しい、と思い早速試してみます。

 うっ、失敗。

 わさびの風味で出汁の風味が吹っ飛びました。

 お蕎麦の風味もぼけてしまいました。

 改めて、七味で食べ直してみましたが

 蕎麦も、出汁の風味も戻ってきませんでした。

  

 温かいお蕎麦の時って最後はどうしても伸び切ってしまうので

 最後まで美味しく食べるのはむずかしい。

 特にかけは。

 温かいお蕎麦を食べる時は、種もの(カレー南蛮とか、たぬきなど)

 がお勧めです。

 邪道と言う考えもありますが、あえて書きました。

  

  

  しかし、このお店瀬接客が素晴らしい。

 まず、お店の人の笑顔が素敵。

 お蕎麦屋さんって、接客いまいちのお店が多いのですよ。

 自念も含めて言いますが

 先日行った、かっぱ橋近くの私のお気に入りのお蕎麦屋さん。

入り口に、混雑しているのでベビーカーお断りの張り紙。

 2階に通されましたが、食事中に

 「後、30分でこちらは閉店です。」

 友人が一緒でしたので、先に会計済ませようと思ったら

 「下でお願いします。」

  

 なんだかね。

  

  

 

 この日、私は座敷に上がったのですが

 帰る時に、ブーツをさっと前に出してくれました。

 混雑していたにも係わらず、テーブルに会計まで来てくれました。

  是非、見習いたいところです。

  

 

 今度はもりで味わってみようと思いました。

 隣のテーブルで食べていた

 巣ごもりそばも美味しそうでした。

 

 池之端藪はこちら

http://www.yabu-soba.com/

(音が出ます)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月28日 (水)

京都 阿国庵

 なぜか、京都に来ています。

 詳しくは愛知家日記に書きました

        ↓

http://aichiya.way-nifty.com/blog/

 この、紅葉の季節。

 あら、素敵ですが、往復夜行バスの貧乏旅行です。

実は、京都は新婚旅行で行ったところ。

 2?年ぶりです。

 

 その頃は、まだまだ味覚もお子ちゃまで

 蕎麦の味などまだよくわからず。

 ただし、この時行った、平安神宮のそばのお蕎麦屋さん。

 店内に入った瞬間

 お店中に漂う鰹の出汁の匂い。

 その後、色々なお蕎麦屋さんに行きましたが

 あんなに素晴らしい鰹出汁が漂うお蕎麦屋さんって

 行った事ないです。

 その後、食べたお蕎麦も、鰹の出汁が利いて

 大変美味しかったのを良く覚えています。

 

 二十数年たった今でもはっきり覚えています。

 うちの旦那さんとも時折

 「あのお蕎麦屋さんもう一度行きたいね」

 と、話していました。

  

 今度の、京都行きで、是非行きたい。。

 実質、日帰りの京都、奈良旅行。

 ここまで廻れるか。

 市内バスを乗り継ぎ、平安神宮に着いたのは

 5時過ぎ。

 もう閉門時間を迎えていました。

 なんせ、二十年以上も前の話。

 お店の名前も覚えていなければ、場所もうる覚え。

 ただ、覚えているのは平安神宮の側という事だけ。

 夜行バスに揺られて来て、三輪山登って

 疲れもピーク。

 もう、いいかな。。と、思う気持ちと

 いやいや、せっかく来たのだから

 と、いう気持ちが交差します。

 この時娘に言わせると、あたりはすっかり日が暮れた中

 ライトアップされた平安神宮バックに、走りだしていたそうです。

 そして、見つけた小さな「手打ちそば」の看板。

記憶よりだいぶ、古ぼけているような気が

 恐る恐る、扉を開けると

 「見つけた~。間違いない。」

 この、テーブル。厨房の入り口。

 二十年前の記憶とぴたっと一致。

 一応確認の為に、お店の方に

 「このお店何年ぐらい経っていますか」

「そうどすね、50年ぐらいですかね。」

どう見ても二十年前は小学生だろう

 というような若いお兄さんでした。

 閉店6時という事で、お店に入ったのが

 5時半でしたからさすがに、出汁の香りはしませんでしたが

 お蕎麦食べて間違いない。

 私が、2?年前食べた割子そば。

 同じ味。

 

 娘が食べた月見そば

 出汁の味と、玉子のまろやかさが抜群でした。

 うちの旦那さんに即効電話しました。

 新婚旅行に行ったお蕎麦屋さんに

 娘の誕生日に行けたというのも、なんだかうれしいです。^^

 京都に行ったら平安神宮そばの

 「阿国庵」 是非、行ってみてください。

 

 「おおきに。」の言葉で

 柄にもなく、一瞬まぶたの裏が熱くなってしまいました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年7月 7日 (土)

お休みの日にはお蕎麦屋さんに行きましょう。

Img_0295_6 おはようございます。

梅雨空ですが、風が少しひんやりしていて

この時期にじては過ごしやすい日に

 なるのでしょうか。

 一週間のお仕事ご苦労さまでした。

今日お仕事の方。

 お疲れさまです。お互い頑張りましょう。

  

 我が家では、土日ももちろん仕事がありますし

 体育会系の子供達もめずらしく遅い朝です。

 そんなんで、今日のお天気も関係していますかね

 ちょっとぼーっとしております。

 (おいおい、お休みじゃないんだから動こうよ)

 今日お休みだったらな。

 このぼーって感覚大事にして

 午後から、お蕎麦屋さんに行っちゃうけどな。

 今日のおすすめ。

 なすの素揚げそば¥780(税込み)

 お酒も付けちゃおっと。

 お休みだもんいいよね~。

 まろやかな、湧き水の酒¥480(税込み)

 会員のみでしか味わえない超限定酒。

 爽やかな口当たりと切れの良い後味を

 お楽しみください。

  

 さてっと、お仕事。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月17日 (水)

おそばやさんが勧める絶品のお蕎麦屋さん。

 山本山総本家 浅草雷門店

 今週のお休みの日。

 女友達とかっぱ橋お買い物、浅草お散歩です。

 普段仕事と家事に終われ

 あわただしい日々を過ごす私にとって

 ちよっと離れたサッカーチーチームに所属していた息子の

 お母さん達との付き合いは、愛知家のおかみさんを

 脱ぎ捨てられる、少しほっとできる場所です。

 今は、違うチームに所属しておりますが

 今も変わらず、お付き合いさせていただいております。

その友人達と、かっぱ橋は私が案内しました。

 その後ランチに寄ったのが

 この、名店。山本屋総本店です。

 私が知っている限りでは東京初進出かと。。

(神田和泉店がありました。)

 写真は赤ぽっくってすいませんが

 何回撮り直してもこうなってしまいます。

 この真っ赤な味噌。

 友人達からも全部食べたらのど渇くかな。

 との声が出ましたが、いやいや丁寧にとった出汁の味で

 色の割りにそんな事ありません。

 ゆっくり味わえます。

 愛知家のみそ煮込みの味に煮ていると思いました。

 手前味噌で申し訳ないですが

 うちの旦那さん、。苦労してこの味出しているだな。。

 と、思いました。

  

 うどんは。。。

 うーん。関東人の限界でしょうか。

 やっぱり、もう少しゆでてほしい。。

 もっとも、2、3回続けて食べると病みつきになるそうです。

 それから、うどんといえどもそば粉を使っているそうです。

 その都度、お客様にお伝えしていました。

 (そばアレルギーの方の為の気配りだと思います)

 さすが、名店の心意気。

 見習いたいものです。

 味噌煮込みうどん玉子入り。¥1、050(税込み)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月13日 (水)

おそばやさんが勧める絶品のお蕎麦屋さん。

最近お蕎麦屋さん行ってないんですか?

 紹介ないですよね。

 と、聞かれたのですが

 いえいえ、結構通っています。

 

  今日ご紹介するのは、かっぱ橋の帰りに必ず寄る

 浅草 尾張屋さんです。

 雷門を挟んで、本店と支店があります。

 いつも行くのはたぶん支店。

 田原町に近い方です。

 特に理由はないのですが

 こちらの方が、かっぱ橋に近いので

 まず、玉子焼きです。

 ¥600 愛知家の半分位の大きさです。

 私はいつも、もりそばと一緒に注文しますが

 どんなに混んでいても、もりそばより後に来る事がない。

 当たり前じゃない。

 と、思うかもしれませんけど。

 はい、そうです。

 当たり前です。

 本当に、よそのお店でおそば食べると勉強になります。

 出汁が効いて熱々、大変美味です。

 いつもは、もりそば注文しますが、今日は中天丼。

 天丼のつゆを沸騰させて、そこに熱々の揚げたての

海老を、ぐつぐつの天丼のたれにくぐらせると

 「ジュッ」といういい音がします。

 衣に天丼のつゆの甘辛さが染み込みます。

 きちんと、丁寧につくられています。

 本当に、名店老舗は仕事がぶれない。

 う~ん。勉強になります。

 お蕎麦屋さんの天丼の衣が

 天婦羅屋さんより厚いのは

(最近はずいぶん変わってきましたが)

 衣も味わってもらいたいからなんですよ。

 

 いつもは、もりそばですが

 連れが海老が食べたいというので

 車海老の天ざる注文しました。

 正直言うと、私は、天婦羅が少々苦手なので

 もりそばで十分楽しめます。

 ここの、お蕎麦は、そば殻が入らない

 美人なお蕎麦で、私好みです。

 もりそば¥550

 いいそば粉使っています。

 老舗の名にあぐらをかかない。

 本当に、良心的です。

 私は、どんなに美味しいおそばでも

 ¥1、000以上のもりそばは、×です。

 蕎麦は、日本最古のファーストフード。

 お財布の心配せずに、どんどん味わって頂きたい。

  

 

 以前紹介した神田の「まつや」さんもそうですが

 老舗と言われ、今も繁盛しているお店は

 もりそばのお値段。本当に良心的です。

 ここは、永井荷風も通いつめたお店のようで

 お店の1階には、写真も飾られています。

 それと、私が大好きな理由は

 ここは、お蕎麦屋さんにめずらしく

 私の大好きな、黒ビールがあります。♪

 まあ、詳しくはこちらで ↓

 http://www.asakusa-umai.ne.jp/umai/owariya.html

 帳場にいらっしゃる、おそらく若旦那さん。

 茶髪もご愛嬌です。

 近くに行ったら是非、寄って見てください。

 〈おまけ〉

 すぐ真向かいに、味噌煮込みで有名な

 山本屋があります。

 名古屋から進出しているようです。

 月曜定休日で今まで行けなかったのですが

 昨日は開いていました。

 次回は、是非行って見ようと思っています。

  

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)